環境・CSR活動

人に、社会に、地球に、優しい製品及びサービスを提供することにより国民の健康で文化的な生活の確保に寄与すると共に、人類の福祉に貢献します。

印刷

文字サイズ

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

環境会計

環境会計の手法は、環境省の環境会計ガイドラインに準拠した環境会計を2003年度から実施し、環境保全にかかるコストとその効果を把握するための取り組みを進めています。
環境会計の導入によって、環境保全活動を活発化し、継続的な環境対策を行い、その効果を向上させること、さらに情報の開示により、環境保全活動の透明性を高め、環境に対する姿勢を明確にすることを目指しています。

1. 環境保全コスト

(単位:千円)

分類 主な取組の内容 設備投資額 保全費用額
2016
年度
2016
年度
事業エリア内コスト 758 20,752
  内訳 公害防止コスト 大気、水質、騒音など (0) (1,704)
地球環境保全コスト 温暖化防止、オゾン層保護など (758) (12,319)
資源循環コスト 資源の有効活用、廃棄物の減量化など (0) (6,729)
上・下流コスト グリーン調達、リサイクルなど 0 12,875
管理活動コスト 環境教育など 0 24,858
研究開発コスト 環境調和型製品開発など 0 0
社会活動コスト 緑化、情報開示など 0 223
環境損傷対応コスト 土壌汚染修復など 0 0
合計 758 58,708

2. 環境保全効果

分類 指標 (単位) 2015
年度
2016
年度
前年度比
増減
事業活動に投入する資源に関する効果 電力使用量 (MWh) 2,757 3,069 312
都市ガス使用量 (m3 54,980 61,994 7,014
上水使用量 (m3 30,685 32,563 1,878
事業活動から排出する環境負荷及び廃棄物に関する効果 電力使用量 (t-CO2 1,392 1,599 207
都市ガス使用量 (t-CO2 122 136 14

(t-CO2の換算において、電力は電気事業連合会公表の換算係数、
都市ガスは環境省「二酸化炭素排出量調査報告書」の換算係数を使用)

3. 環境保全対策に伴う経済効果 ―実質的効果―

(単位:千円)

内容 2015年度 2016年度 前年度比増減
省エネルギーによるエネルギー費 電気使用料 59,160 55,751 △3,409
ガス使用料 4,840 4,104 △736
水道使用料 23,408 24,538 1,130
省資源又はリサイクルに伴う廃棄物処理費 廃棄物処理費 2,811 2,259 △552
合計 △3,567

(注)実質的効果のみで、みなし効果は含まず。